市吹について

<市吹の活動理念>

当楽団は、1960年に結成以来、市川交響楽団協会の下、利益を得る団体でも、ただ 自分中心の趣味だけを満足させるクラブでもなく、健全な音楽を通して、自分たちの 喜びを少しでも多くの人と分かち合おうとしている奉仕団体です。

 

指揮者紹介

「秋のコンサート」

2021年9月5日(日)

行徳文化ホールI&I

直井大輔

1971年東京生まれ、市川市育ち。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽科トロンボーン専攻に在学中から指揮者を志し、指揮法を山﨑滋、エンリケ・マッツォーラ各氏に師事。1993年には巨匠ウラジーミル・フェドセーエフ氏と運命的な出会いを果たし、同氏に師事し、モスクワ、ウィーンなどでも研鑽を積んでいる。

1997年、東京芸術大学音楽学部指揮科入学。指揮法を故佐藤功太郎、小林研一郎、故ハンス・マルティン・シュナイト各氏に師事。同年、新国立劇場オープニング公演ワーグナー「ローエングリン」のアシスタントを務め、以後、二期会オペラ等の副指揮者として故佐藤功太郎、故若杉弘、故岩城宏之、他各氏の下で多くのオペラ製作に携わり、2002年、早川和子氏の新作オペラ「師門新生」(初演)で指揮者に抜擢されデビュー。2003年には、秋篠宮妃殿下、内親王殿下ご臨席のオーケストラ演奏会で指揮者を務めた。

2004年度、東京芸術大学音楽学部非常勤講師。別府アルゲリッチ音楽祭「子供のための無料コンサート」に出演。藝大シンフォニカ英国公演にも同行した。また附属高校オーケストラの指導でも認められ、2005年度には同大音楽学部附属音楽高校非常勤講師を務め、定期演奏会でストラヴィンスキー「火の鳥」などを指揮し、大成功をおさめた。

広島交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京佼成ウインドオーケストラ、千葉交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団、琉球交響楽団などをはじめ、各地の演奏団体に多数招かれており、各方面で好評を博している。

千葉市音楽協会会員。市川市在住。

 

<活動紹介>

夏・冬 年2回の定期演奏会を中心に活動を行っています。

練習日時 : 毎週土曜日 18:00~21:00

練習場所 : 市川小学校 (市川駅より徒歩5分)

団員募集についてはこちら

 

 

市吹のあゆみはこちら

過去の演奏曲目