ちょっちゅねーちょっちゅねー♪

爽秋の候とは言いますが、近頃は暑いのやら寒いのやらよく分かりませんね。

今回の日記はフルートのAッキーが担当ですよ。


29日はヒダシュの『ファンタジーとフーガ』、リストの『ハンガリー狂詩曲』、

ドヴォルザークの『交響曲5番』を練習しました。

今回は1年振りにピッコロを演奏。

実はフルートよりもピッコロの方が好きだったりします。軽いし。

とは言うものの、1年間ほぼケースから出しておりませんでしたので、出して

びっくりカビまみれだったらどうしよう……とヒヤヒヤ。ピッコロはケースが

小さすぎて、除湿剤が入らないのです。

とりあえず取り出してみると、幸いカビは見当たりませんでした。少しばかり

臭かったのは気のせいです。


閑話休題、練習のお話。


ヒダシュは誰やら分かりませんが、バッハのパクリだそうです。

ハンガリー狂詩曲では、ピッコロはひたすらピキピキピキピキ吹き鳴らしておりま

した。ピアノ独奏の右手小指らへんの仕事ですね。原曲なんて指が50本あって

も弾けませんが、こうしたかたちで演奏できるのは楽しいですね。

待望のドヴォゴは牧歌風で魅力的!ちょっちゅねーちょっちゅねー♪


練習後は雨のそぼ降る中、指揮者のむねおさん一行とご相伴、市川駅前でちょ

っと1杯。

今夜は深酒はしないと心に決めてもワインの美味には抗い難く、解散後に総武

線に乗った以降は記憶がぷっつりと途絶えてしまいました。

翌日、自宅のベッドで目覚め安心したものの、玄関からベッドまで着衣を1枚

ずつ脱いだ痕跡が点々と続き、洗濯機の中には鞄が、冷蔵庫の中には財布が入

っていました。記憶が無いのは恐ろしいことです。


お酒は飲んでも飲まれぬよう。お酒と女は2ごうまで。

何事も嗜む程度が一番ですね。

(不適切な発言がありました。何卒ご寛恕願います。)


何の話か分からなくなってきましたので、このあたりで。


市川交響吹奏楽団

市川交響吹奏楽団の公式ホームページです。 活動の案内、演奏会の案内、団員募集などを行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000