市川交響吹奏楽団

記事一覧(43)

練習日記11/10

クラリネットかわはらです。すみません、日記さぼり癖が出てしまいました。11月10日は勤労福祉センターでの練習でした。譜面台を忘れてしまい、Uさんに相談したら、余分にお持ちでして助かりました。11月17日は練習お休みでした。松戸にてウィーン・フェスタ松戸というのが開催されて聴きに行ってきました。食事やお酒を楽しみながら、ウィーンフィルなどの一流管打楽器奏者によるブラスムジークアンサンブルを堪能しました。全く無駄な力を感じさせない、会話するような演奏でした。特に僕がすごいなと思ったのはウィンナ・ワルツでした。まさに自然と踊りだすような3拍のワルツでした。今回演奏後、帰り道にワルツで思い出したことがありまして、大学時代にウィーン出身の指揮者をお招きして、ニューイヤーコンサートでやるようなワルツの指揮をして頂いたことがあったんですね。演奏する側としては、せっかく外国の方がいらっしゃるので、ウィンナワルツらしく演奏したいということで、ウィーンフィルのあのニューイヤーコンサートでよく聞くような3拍を均等な長さにせず、2拍目を前に出したような演奏を練習しました。「ンパッッッパ ンパッッッパ」と。そしていざ合奏を始めると、すぐさま指揮者の方が合奏を止め「頼むから自然な3拍子で演奏してくれ!」と言われてしまいました。正直その時はよくわかりませんでした。10年経ってウィーンフェスタ松戸で体感できました。これが自然なワルツなんだなと。もはや練習日記ではないですが、来週の方はきちんと書いて頂けるでしょう。ではまた。

練習日記!11/3

11月1周目の練習は、市川小での通常練習。そして本日の練習日記担当はtubaの安池です。帰りたてで早速書いております練習日記。今日の練習は○いつも通りの基礎合奏○『Symphony NO.5  Ⅳ』○『Polednice』の3本立て。音を揃えるため数えてきる、というのが最近の課題の1つ。他のことに気をとられるとうっかり忘れて次の音の頭までいってしまいますので要注意です。それだと長いです。そしてもう一つが付点のリズム。頭の中で16分音符を鳴らしていないと揃いませんので、鳴らそう鳴らそうと吹く前までは思っているのですが、いざ吹き始めるとそれどころではないてんやわんやですので、これはもう要練習です。みんなで数えて揃えましょう。速い動きがある場合はまずそのフレーズを喋れるようになると良いそうです。そして本日の個人的ハイライトは8分の3拍子と8分の2拍子が交互にやってくるあの部分ですね。全然よく分かりません。いや、頭では、理屈ではわかっているつもりなのですが、さっぱりついていけなくなります。でも今日何回かその部分やっていただいたので、次からはもう大丈夫で、しょう!さて来週は、市川小ではなく、勤労福祉センターでの練習だそうで。聞かなかったら来週も市川小に来ちゃうところでした。皆さん間違えないように気をつけましょう!それではまた来週(^o^)/

10月6日♪

最近朝ドラにハマっているクラリネットのSです。祝日からがっつり仕事でくたくたです…先週のAッキーさんのようなセンス溢れる日記の次だと何を書いていいものやら悩みますが、普通の日記です、、笑今回はヒダシュの『ファンタジーとフーガ』、ドヴォルザークの『交響曲5番』、交響詩『真昼の魔女』の練習をしました!とあるサイトの真昼の魔女のあらすじを読んでみたんですが、こどもがオモチャの笛を吹いて遊んで母親にうるさいと叱られ、魔女が来るよと脅され、まさかの実際にやってきて最終的に殺されるとは、なんと残酷な、、どの曲ももっと場面をイメージしながら吹かなければなりませぬが、まずは吹けるようになるために頑張らねば……家に防音室ほしい…ドヴォ5はまだ1楽章の練習のみですが、牧歌のような、のどかな雰囲気がこれまたいい感じなんです…!演奏会をお楽しみに!練習前にリードを買いに楽器屋さんへ行ったら、小学生の子がご家族にホルンを購入してもらい、新品の楽器を持ち帰るところでしたー!これから先長く、その楽器と楽しい音楽人生を過ごせたらいいですね(^^)!!私の地元の小学校にはブラスバンドはなかったので、管楽器を小学生のうちからやれるの羨ましいです!そして帰り際に、オッテンザマーがまた日本でコンサートをするというウワサを聞きつけ、ざわついております〜行きた〜い!(*゚▽゚)ではでは、来週も頑張りましょう!

ちょっちゅねーちょっちゅねー♪

爽秋の候とは言いますが、近頃は暑いのやら寒いのやらよく分かりませんね。今回の日記はフルートのAッキーが担当ですよ。29日はヒダシュの『ファンタジーとフーガ』、リストの『ハンガリー狂詩曲』、ドヴォルザークの『交響曲5番』を練習しました。今回は1年振りにピッコロを演奏。実はフルートよりもピッコロの方が好きだったりします。軽いし。とは言うものの、1年間ほぼケースから出しておりませんでしたので、出してびっくりカビまみれだったらどうしよう……とヒヤヒヤ。ピッコロはケースが小さすぎて、除湿剤が入らないのです。とりあえず取り出してみると、幸いカビは見当たりませんでした。少しばかり臭かったのは気のせいです。閑話休題、練習のお話。ヒダシュは誰やら分かりませんが、バッハのパクリだそうです。ハンガリー狂詩曲では、ピッコロはひたすらピキピキピキピキ吹き鳴らしておりました。ピアノ独奏の右手小指らへんの仕事ですね。原曲なんて指が50本あっても弾けませんが、こうしたかたちで演奏できるのは楽しいですね。待望のドヴォゴは牧歌風で魅力的!ちょっちゅねーちょっちゅねー♪練習後は雨のそぼ降る中、指揮者のむねおさん一行とご相伴、市川駅前でちょっと1杯。今夜は深酒はしないと心に決めてもワインの美味には抗い難く、解散後に総武線に乗った以降は記憶がぷっつりと途絶えてしまいました。翌日、自宅のベッドで目覚め安心したものの、玄関からベッドまで着衣を1枚ずつ脱いだ痕跡が点々と続き、洗濯機の中には鞄が、冷蔵庫の中には財布が入っていました。記憶が無いのは恐ろしいことです。お酒は飲んでも飲まれぬよう。お酒と女は2ごうまで。何事も嗜む程度が一番ですね。(不適切な発言がありました。何卒ご寛恕願います。)何の話か分からなくなってきましたので、このあたりで。